そうむの日記帳

3DSにCFWを導入する [Seedminer + BannerBomb3 + Fredtool] (バージョン:11.4.0~11.13.0向け)

お知らせ

◯ 現状、unSAFE_MODEを使う手法 の方を公式ガイドでは強く推奨しています。
◯ この記事の手法は、L/Rトリガーが故障していてセーフモード起動できない場合にのみご利用ください。
◯ 下記の手順は参照元の3DS Hacks Guideや本家Discordでも最新の手法と比較してリスクが高く、推奨できないという表記がある旨をご理解いただいた上でご利用ください。

※以下Discordより

更新履歴

2020/07/04 よくある質問集のデザインを変更。
2020/06/12 BannerBomb3のURLを修正。
2020/06/07 FredtoolのURLを修正。また、上記「お知らせ」を追加。
2020/06/06 現状、unSAFE_MODEを使う手法 の方を公式ガイドでは推奨しています。
2020/06/06 bruteforcemovableが復帰したので文言およびリンク更新。
2020/06/02 128GBのSDカードにおけるアロケーションユニットサイズについて追記
2020/06/02 BannerBomb3のURLを変更しました。FredtoolのURLも変更しました。
2020/06/02 ガイドに記載していた一部URLが無効のため、別記事の手法を混ぜる運用にしました。
2020/05/28 unSAFE_MODEを使う手法と区別するためにタイトル変更。
2020/05/27 久々に3DSにCFWを導入した際に、気になった箇所に画像を付けました。
2020/05/27 コメントに返信あればメール通知できる機能を追加しました。
2020/04/27 コメントが300件超えてるので、新着順に変更し40件毎にページを分けました。
2020/03/15 『11.13.0』に合わせてb9stoolのリンクおよび注釈を微修正、タイトル変更。
2019/11/29 『11.12.0』がリリースされたものの、特に変わってないのでタイトル変更。
2019/09/10 取り消し線部分を削除。
2019/09/01 先日、『11.11.0』がリリースされましたが、手順に変わりがないのでタイトルを更新。
2019/08/16 コメントが増えてきたので記事最後にまとめてみた。
2019/08/02 『作業を始める前に』の文言を少し修正&追加
2019/08/02 3DS Hacks Gudeが更新されていたので「BannerBomb3」を利用する手順に修正 ※古い手順は取り消し線部分
2019/07/30 私のコメント承認が必要になるURL数を1⇒3に変更しました ※スパムを除く
2019/07/10 Rosalinaメニュー関連の画面遷移のコメントが多いので画像追加
2019/07/09 仕上げ前の『DSソフト用設定の復元』操作がポッカリ抜けてたので追記。これは最後に行ってもOKです。
2019/06/20 一部誤植を修正

はじめに

何が起きても自己責任でお願いします。
・メーカー保証が切れます。間違ってもメーカーに問い合わせたりしないでください。
・このサイトはゲーム機本体の改造行為を推奨するものではありません。
・自分用の備忘録目的で作成しています(wikiにないんだもん・・・)
・作業自体は長時間かかるものではありませんが念の為、充電ケーブルを接続した状態が望ましいと思います。
・コメントで質問されても確認および返信に時間がかかるだけですのでおすすめしません。
・トラブル系は、たぶん英語でググった方が早いと思います。『〇〇 not working』等で。
・上記の更新履歴時点での情報となります。最新の情報は、3DS Hacks Guide(英語)を参照ください。

何ができるか

・リージョン(国/地域)に関係なく、全てのゲームカード及びeショップのゲームを実行できます。
・オリジナル作成したテーマ等を使用してホーム画面のカスタマイズができます。
・ゲームそのものを改変できます。
・プレイ中のゲームやアプリのスクリーンショット撮影ができます。
・ゲームタイトルのバックアップや編集、復元が可能になります。
・New 3DS、New 2DSの場合、PCへ画面をストリーミングできます。
・最新の公式FWへ更新してもCFW状態を維持できます。

作業を始める前に

・トータルで1時間程度かかる可能性があります。余裕をもって作業しましょう。
・SDカードは少なくとも2GB以上のサイズが望ましいです。SDHC対応のため、最大で32GBまで認識します。
・SDカード自体のバックアップができる環境を用意しましょう。
・SDカードはFAT32でフォーマットされていれば64GB以上でも使用可能です。
※フォーマットには「guiformat」を推奨しており、アロケーションユニットサイズ32K(32768)にしてください。
※なお、128GB以上のSDカードカードを使用する場合のアロケーションユニットサイズ64Kです。
・PCはWindowsを使用します。同名のファイルがありますので、ファイル拡張子が見えるように設定を変更しておいてください。
※下図のように、エクスプローラーの「表示」タブから「ファイル名拡張子」にチェックを入れます

・繰り返しになりますが、自己責任で作業してください。

1.必要な機器類を用意する

・3DS本体(バージョン11.12.0 または 11.13.0)
※上記バージョン以外の場合には 日本語wiki または 3DS Hacks Guide(英語)を参照ください。
※11.4.0~11.11.0 の場合は、11.13.0 へ更新後、手順に沿って作業するよう記載されています。
・3DS充電器 ※常時つないだまま作業することを推奨します。
・SDカード(microSD変換でも可) ※容量:2GB~32GBを推奨(64GB以上の場合はFAT32でフォーマットしてください)
・PC(Windows)、SDカードリーダライタ
・3DS本体、パソコンでインターネット接続できる環境
・PCで圧縮ファイル(zipや7zなど)を解凍できる環境 ※WinRAR7-Zipなどのソフトが必要です

2.3DSの設定を変更する

① 『本体設定』≫『インターネット設定』≫『いつの間に通信』≫『本体情報の送信』を「送信しない」に設定し『本体設定』を閉じる
② ホーム画面上部の「フレンドリスト」(オレンジ色の顔アイコン)を開く
③ 左上の『設定』≫『フレンドへの通知設定』≫『遊んでいるソフトを公開する?』を「公開しない」に設定する

3.「Seedminer」を使用して「movable.sed」ファイルを作成する

※この作業では、このあと作業に使用する「DSiWare」アプリの暗号化解除のための鍵を作成します。
※予め、3DSがインターネット接続できる状態であることを確認しておいてください。

①3DSからSDカードを抜き、PCに挿入します。
②SDカードの中身を表示し、「Nintendo 3DS」フォルダを開きます。
表示されているフォルダ名(32文字の文字列)をメモ帳などにコピーしてください。
※複数ある(SDを複数の3DSで使用している)場合は、「Nintendo 3DS」フォルダの名前を一旦別名(BACKUP_Nintendo 3DSなど)に変更し、
SDカードを3DSに戻して電源入れると新規で「Nintendo 3DS」フォルダが作成されるので、その中の32文字のフォルダ名をメモ帳などに控えます。
あとは新規で作成されたフォルダを削除し、変えたフォルダ名を元に(Nintendo 3DS)に戻してください。

④SDカードを3DSに戻し、3DSの電源を入れます。
⑤ホーム画面上部の「フレンドリスト」(オレンジ色の顔アイコン)を開きます。
※ここでエラーになる場合は、新しく自分のMiiを作成してから再度開いてください。
⑥自分のMiiを探し、上画面に表示されている「フレンドコード」が見える状態にしておきます。
⑦PCから右記のサイトを開きます。https://bruteforcemovable.com/ または https://seedminer.hacks.guide/
⑧サイトが開いたら、「Your friend code」欄に、手順⑥で確認した自分のフレンドコードを入力します。※ハイフン「-」は省く。
⑨つづけて、「Your ID0」欄に、手順③で控えた32文字のフォルダ名を入力(長いのでコピペを推奨)します。
⑩「私はロボットではありません」のキャプチャ認証を行ったあと、「Go」を押下します。
⑪サイト上にボット用フレンドコード(下図の青枠部分)が表示されたら、3DS本体の(フレンドリスト起動画面で)『フレンドの登録』≫『インターネットでフレンド登録』へ進み、サイト上に表示された「ボット用フレンドコード」を3DSに登録してください。

⑫サイトが3DSを認識すると、画面が切り替わるので「Continue」を選択します。
⑬サイト側で作業が完了するまでしばらく待ちます(およそ1~5分)。※長時間(30分程度)経過しても変わらない場合はサイトをリロードします。
⑭作業が完了したらサイトから「movable.sed」ファイルをPCへダウンロードします。

3-2. 「BannerBomb3」を使用する

3DS Hacks Guide(英語)に記載の手順が変更されていたので追記しました。
この手順を使用する場合は、以前手順に含まれていた「DSiWareゲーム」をダウンロードする操作は必要無いようです。

①PCから右記のサイトを開きます。 https://bb3.bruteforcemovable.com/
②「ファイルを選択」をクリックして「movable.sed」ファイルを指定してアップロードします。
③「Start!」をクリックします。
※ここでバグを含んだDSiWareである「F00D43D5.bin」が入ったZIPファイル「tadmuffin_out.zip」がダウンロードされます。
④3DSの電源を切ります。
⑤3DSからSDカードを抜き、PCに挿入します。
⑥SDカード内のDSiWareがあるフォルダを開きます。フォルダ階層としては以下のようになります。
SDカード」≫「Nintendo 3DS」≫「<ID0>」≫「32文字のキャラクターID>」≫「Nintendo DSiWare
※ここでいう<ID0>とは、Seedminer利用時に確認した32文字のフォルダのことです。
※フォルダが存在しない(下図の青枠あたり)場合は「Nintendo DSiWare」フォルダを新規に作成します。

⑦もし、フォルダ内に8文字の英数字のBINファイルが既にある場合はPCに移動させます(一旦フォルダ内を空にします)。
⑧先程のZIPファイルを解凍し、「output」フォルダを開き、「Usa_Europe_Japan_Korea」内にある「F00D43D5.bin」ファイルを、
SDカード内の「Nintendo DSiWare」フォルダにコピーします。
⑨3DSにSDカードを挿入して電源を入れます。
⑩「本体設定」を開きます。
⑪『データ管理』≫『DSiWare データ管理』≫『SDカード』を選択します。
※ここで、マゼンダ色(≒ピンクまたは)の画面が点いたあと数秒でクラッシュすれば成功です。
⑫3DSの電源を切ります。
⑬3DSからSDカードを抜き、PCに挿入します。
⑭おそらくSDカードのルートに「42383841.bin」ファイルがあるはずです。※このあと「Fredtool」で使用します
⑮先ほどと同様、「Nintendo DSiWare」フォルダを開いてください。
⑯もう必要が無いので「F00D43D5.bin」ファイルを削除します。PCからも削除して問題ありません。

4.「Fredtool」を使用して「Boot9strap」をインストールする

※さきほど用意した「movable.sed」を使い、Fredtool経由で改変したDSiWareゲームを作成し、3DSの本体設定経由で「Boot9Strap」を導入できるようにしていきます。

<準備するもの>
・さきほどダウンロードした「movable.sed」ファイル
Frogminer_saveよりダウンロードした「Frogminer_save.zip」ファイル
b9sToolよりダウンロードしたファイル
3DSのバージョンが『11.13.0-45』の場合は「release_6.0.0.zip」を、
バージョンが『11.10.0-43』または『11.11.0-43』の場合は「release_5.0.1.zip」を使用してください
Luma3DSよりダウンロードした「Luma3DSv10.1.3.zip」ファイル ※記事作成時点では左記ファイル名が最新版
Homebrew Launcherよりダウンロードした「boot.3dsx」ファイル

<準備作業>
①(現在は不要な作業なので削除)
②(現在は不要な作業なので削除)
③(現在は不要な作業なので削除)
④(現在は不要な作業なので削除)
⑤3DSの電源を切り、PCへSDカードを挿入します。
⑥SDカードのルート(SDを開いたところ)に、「movable.sed」ファイルをコピーします。
⑦「Luma3DSv10.1.3.zip」を解凍し、中にある「boot.firm」と「boot.sdsx」の2ファイルをSDカードのルートにコピーします。
⑧「release_5.0.1.zip」または「release_6.0.0.zip」を解凍し、中にある「boot.nds」ファイルをSDカードのルートにコピーします。
⑨「boot.3dsx」ファイルをSDカードのルートにコピーします。
⑩「Frogminer_save.zip」を解凍し、中にある「private」フォルダをSDカードのルートにコピーします。
⑪(現在は不要な作業なので削除)
⑫(現在は不要な作業なので削除)
※現時点でSDカードのルートは以下のようになっていると思います。

<Fredtoolを使う>
⑬PCから右記のサイトを開きます。 Fredtool DSiWare Injector
⑭「Your movable.sed」にて、「movable.sed」ファイルを指定します。
⑮「Your dsiware.bin」にて、BannerBomb3で作成した「42383841.bin」を指定します。
⑯「Verify files」をクリックしたら、「Build and Download」を押下します。

⑰サイト側の作業が終わるまで待ち、「Download」ボタンを押下して「fredtool_output.zip」をPCへ保存します。
⑱「fredtool_output.zip」を解凍し、『output』フォルダ内の『hax』フォルダ内にある「42383841.bin」を、
SDカードの「Nintendo DSiWare」フォルダにコピーします。

※他のBINファイルが無いことを確認してください。
⑲SDカードを3DS本体に挿入し、電源を入れます。
⑳「本体設定」を開きます。
㉑『データ管理』≫『DSiWare データ管理』≫『SDカード』から「Haxxxxxxxxx!」というタイトルを選択します。
㉒「コピー」を選択し「OK」を選びます。
㉓『本体設定』のTOP画面まで「戻る」で戻ります。
㉔『インターネット設定』≫『DSソフト用設定』を選び、「OK」を選択すると…「うごくメモ帳」が突如起動するはずです。

※※【暫定版】3DSにCFWを導入する (Seedminer + Pichaxx + Frogtool) を最後まで読んだ人はこちらから先を進めてください。※※

<うごくメモ帳のバグを利用してboot9strapを導入>
㉕右記リンクのガイドを参考にしながら手順を進めてください(手抜き)。Flipnote Directions
㉖手順通り進めると、『boot9strap』を導入可能な「b9sTool」が起動しているはずです。(黒背景に英語で色々表示されてる)
㉗「Install boot9strap」を上下キーで選択し、「Aボタン」で決定します。
㉘画面の指示に従って「b9sTool」でのボタン操作が終わったら、いったん電源を手動で切るパターン(㉙に進む)と、
そのままLuma Configuration画面が表示されるパターン(㉚に進む)があります。
※『Press home to exit』という表示が出ている場合は、「ホームボタン」を押して「OK」を選択し電源を切ります。

<Luma3DSの設定>
㉙3DSの電源が切れたら、「SELECTボタン」を押しながら電源を入れます。

※上記画像のようなメニューが「Luma Configuration」画面です。
※操作は「十字キー」、決定は「Aボタン」、「STARTボタン」で保存して再起動します。
㉛上下キーで「Show NAND or user string in System Settings」を選択し、「Aボタン」でオンにしてください ※(x)状態にする
㉜「START」ボタンを押して3DSを再起動してください。

<DSソフト用設定の復元>2019/07/09 追記
㉝3DSの電源を切ります。
㉞SDカードをPCに挿入します。
㉟手順17にてダウンロードした「fredtool_output.zip」を解凍し、『output』フォルダ内の『clean』フォルダ内にある「42383841.bin」を、
SDカードの「Nintendo DSiWare」フォルダにコピーします。

※SDカードにある同名ファイルに上書き(置き換え)してください。
㊱SDカードを3DSに挿入します。
㊲3DSの電源を入れます。
㊳「本体設定」を開きます。
㊴『データ管理』≫『DSiWare データ管理』≫『SDカード』から「Nintendo DSi™」というタイトルを選択します。
㊵「コピー」を選択し「OK」を選びます。

5.仕上げをする

※SDに保存されている「boot.firm」ファイルは、電源を入れた3DSがNAND(メモリのこと)の読み込み後、
「boot9strap」が起動時に使用するファイルであり必要不可欠なものですので削除しないでください。
※上記までの作業でLuma3DSにより、SysNAND(本体のNAND)へ直接パッチしながら起動できるようになっています(たぶん)。
※これからの作業で、CFW導入した3DSに必要なツールを導入していきます。
※導入するツールの主な用途は以下の通りです。
・FBI ⇒ CIA形式のゲームや自作アプリをインストールできます(インストール後はホーム画面に並びます)
・Anemone3DS ⇒ カスタムテーマをインストールできます
・CheckPoint ⇒ 3DSとDSゲームのセーブデータのバックアップ/復元(リストア)ができます
・Luma3DS Updater ⇒ CFWであるLuma3DSの更新が簡単になります
・GodMode9 ⇒ NAND操作やゲームの吸出し、3DS形式のファイルをCIA形式へ変換などができます
・Homebrew Launcher Loader ⇒ Homebrew Launcher(略称:HBL)をホーム画面から直接起動できるようにします。
・DSP1 ⇒ 自作ソフトに効果音機能を付与します
・ctr-no-timeoffset ⇒ 3DS上で設定した時計とゲーム内の時計を合わせます

※なお基本的な考え方として、自作ソフトなどをHomebrew Launcherから起動する場合のファイル拡張子は「.3dsx」となり、
自作ソフトやゲームを3DSのホーム画面から起動するには、ファイル拡張子が「.cia」のファイルをFBIでインストールする必要があります。

<準備するもの>
FBIよりダウンロードした「FBI.cia」と「FBI.3dsx」ファイル
Anemone3DSよりダウンロードした「Anemone3DS.cia」ファイル
Checkpointよりダウンロードした「Checkpoint.cia」ファイル
Luma3DS Updaterよりダウンロードした「lumaupdater.cia」ファイル
GodMode9よりダウンロードした「GodMode9-v1.9.1-20200110121417.zip」ファイル ※記事作成時点では左記ファイル名が最新版
Homebrew Launcher Wrapperよりダウンロードした「Homebrew_Launcher.cia」ファイル
DSP1よりダウンロードした「DSP1.cia」ファイル
ctr-no-timeoffsetよりダウンロードした「ctr-no-timeoffset.3dsx」ファイル

<準備作業>
①3DSの電源を切り、SDカードをPCに挿入します。
②SDカードのルートに「3ds」フォルダを作成します ※すでにある場合はスキップ
③SDカードのルートに「cias」フォルダを作成します ※すでにある場合はスキップ
④PCにダウンロードしたファイルのうち、
拡張子が「.3dsx」のファイルは「3ds」フォルダにコピーし、
拡張子が「.cia」のファイルは「cias」フォルダにコピーします。
⑤SDカードのルートに「luma」フォルダが無い場合は作成し、さらにフォルダ内に「payloads」フォルダを作成します。
⑥『GodMode9-v1.9.1-20200110121417.zipを解凍し、「GodMode9.firm」ファイルを
SDカードの『luma』フォルダ内の『payloads』フォルダ内にコピーします。

⑦併せて上記zipファイル内の「gm9」フォルダをSDカードのルートにコピーします。
⑧SDカードを3DS本体に挿入し、電源を入れます。

※現時点で、「3ds」フォルダには以下2ファイルが配置されています。

※現時点で、「cias」フォルダには以下6ファイルが配置されています。

※現時点でSDカードのルートは以下のようになっていると思います(42383841.binは無くてもOKです)。

<3DSのバージョンを最新にする ※記事作成時点では既に最新のため不要>
⑨『本体設定』≫『その他の設定』≫『本体の更新』を実施する ※CFW導入済みであれば最新にしても問題ありません

Homebrew_Launcherを起動する
※Lボタンが故障している場合は、この記事の『3-2.「Pichaxx」を使用する』を参考にHBLを起動してください。

⑩3DSのホームから「ダウンロードプレイ」アプリを起動します。

⑪起動後、「Lボタン+十字キー下+SELECTボタン」を同時押しすると、「Rosalinaメニュー」が開きます。
※下記画面状態の時に同時押ししてください

⑫「Miscellaneous options」を選択します。 ※直訳すると『その他のオプション』ですねっ

⑬「Switch the hb. title to the current app.」を選択し、

※下記表示が出たら「Bボタン」を何回か押して・・・

※下記画面状態になったら次の手順へ。

⑭「HOMEボタン」を押して、いったん「ダウンロードプレイ」アプリを「おわる」で閉じます。
※下記画面の左下にある「☒ おわる」から完全にアプリを終了して次の手順へ。

⑮再度「ダウンロードプレイ」アプリを起動すると…「Homebrew Launcher」が起動するはずです。

<HBL経由でctr-no-timeoffsetを起動する
⑯HBLに表示された(3dsx形式の)自作ツールの中から「ctr-no-timeoffset」を起動します。
⑰オフセットを0にするために、「Aボタン」を押します。
⑱「STARTボタン」を押してHBLに戻ります。

<HBL経由でFBIを起動し、CIA形式のファイルをインストールする>
⑲HBL上で「FBI」を起動します。
⑳FBIが起動したら「SD」を選び「cias」フォルダを開きます。
㉑個別にインストールもできますが、今回は「<current directory>」を「Aボタン」で選択します。
㉒表示されたメニューから「Install and delete all CIAs」を選択し、確認画面で「Aボタン」を押します。
㉓それぞれのインストールが終わったら、「HOMEボタン」で「ダウンロードプレイ」アプリを閉じます。

<DSPダンプする>
㉔3DSホーム画面から「DSP1」を起動します。 ※基板みたいなデザイン
㉕自動で処理がされ、「Bボタン」を押すことでDSP1アプリが閉じます。 ※アプリ自体も消去されます

<CTRNAND Luma3DS>
㉖一度、3DSの電源を切ります。
㉗つづいて、「STARTボタンを押しながら」3DSの電源を入れると「GodMode9」が起動します。
㉘重要なファイルのバックアップを作成するように求められるので、「Aボタン」で作成し、更に「Aボタン」で完了した次の手順へ。
㉙RTCの日付と時刻を修正するように指示されるので、「Aボタン」で修正画面へ遷移し、「十字キー」で時刻等を修正します。
㉚時刻等を合わせたら「Aボタン」で続行します。
㉛続いて「HOMEボタン」を押すとメニュー画面が表示されます。
㉜その中から「Scripts…」を選択します。
㉝「GM9Megascript」を選びます。
㉞続いて「Scripts from Plailect’s Guide」を選び、「Setup Luma3DS to CTRNAND」を選択します。
㉟画面が切り替わったら「Aボタン」を押して次に進み、更に「Aボタン」でSysNANDの書き込みのロック解除します。
㊱画面に表示されたキーを左から順に押していき、最後に「Aボタン」で続行します。

<SDカードのクリーンアップ>
㊲メニューから「Cleanup SD Card」を選びます。
㊳確認画面が出たら「Aボタン」を2回押して進み、「Bボタン」でメニューに戻ります。

<重要なシステムファイルのバックアップ> ※SDカードに少なくとも1.3GBの空き容量が必要です
㊴「Backup Options」を選択します。続いて「SysNAND Backup」を選択します。
㊵「Aボタン」を押してしばらく待ちます。 ※エラーが出る場合は空き容量を確認してください。
㊶「Aボタン」を押して続行し、「Bボタン」でメインメニューに戻ります。
㊷「Exit」を選択します。書き込み権限を再度ロック状態にするか聞かれるので「Aボタン」を押します。
㊸「上下キー」で「[M:] MEMORY VIRTUAL」を開き、「boot9.bin」にカーソルを合わせます。
㊹「Aボタン」で選択後、「Copy to 0:/gm9/out」を選び「Aボタン」で続行します。
㊺「HOMEボタン」を押すとメニューが表示されるので、「Poweroff system」を選ぶと3DSの電源が切れます。

<バックアップデータをPCに移す>
㊻SDカードをPCへ挿します。
㊼SDカード内、「gm9」フォルダ内の「out」フォルダにある、以下のファイル群をPCの安全な場所に置いて保管してください。
・「<date>_<serialnumber>_sysnand_###.bin」ファイル  ※PCにコピー後、SDカードから削除してください
・「<date>_<serialnumber>_sysnand_###.bin.sha」ファイル  ※PCにコピー後、SDカードから削除してください
・「essential.exefs」ファイル
・「boot9.bin」ファイル

㊽SDカードを3DS本体へ挿入し、電源を入れます。

おわり

以上で、作業は終了です。
おつかれさまでした。

<よくある質問>

  • 導入前
  • 3DSのバージョンが最新ですがCFW導入できますか?
    はい、可能です。
    もし、記事に記載のバージョンより新しいバージョンがリリースされた場合は、3DS Hacks Guide を参照してください。
  • ブリックする危険性はありますか?
    基本的に、手順通りに行えば問題ないかと思います。
    もし心配であれば、この記事ではなく 3DS Hacks Guideを参照しながら実践してください。
  • マジコン等の機器の購入は必要ですか?
    不要です。費用はかかりません。
  • 起動できるアプリ、ゲームにリージョン制限はありますか?
    ありません。このCFWはリージョンフリーです。
  • 2DSでも導入できますか?
    3DS、New 3DS、2DS、New 2DS…のいずれも動作します。
  • 導入手順について
  • HBLが起動しない。赤字で「An exception occurred」と出てしまう。
    元々不安定なので、根気よく試す。
    また、システムアプリならどれでも構わないので、
    安全に使用するために」アプリ等でも代用可能です。
    boot.3dsx」ファイルの再配置も試してみてください。
  • 「うごくメモ帳」の操作時、緑色の画面が表示されて固まってしまう。
    まずは、「boot.nds」がSDカードのルートにあるか確認してください。
    それでも改善しない場合、一旦SDカード内の全てをPCに退避した上で、SDカードをフォーマットし直してください。
    ※フォーマット時のファイルシステムは「FAT32」、
    アロケーションユニットサイズは「32キロバイト」にしてください。
    参考ソース(英語)
  • 「うごくメモ帳」で(͡°͜ʖ͡°)が出ない。
    「Frogminer_save.zip」の「private」フォルダSDのルートに配置できているか再確認してください。
  • 「Fredtool」や「BannerBomb3 tool」のファイル指定がうまくいかない。実際の表記や挙動が説明と異なる。
    ご利用のブザウザ起因(広告ブロックやJavascript関連、翻訳ツール使用中など)の可能性があるため、他のブラウザでお試しください。
    私は Google Chrome を使用しました。
  • 導入にパソコンは必須なのですか? スマホで代用したいです。
    必要なファイルをSDカードに配置できるのであればPC不要です。
    ただ、私は試したことがありません。
  • 導入後
  • SDカードを別のものにしたい場合は?
    新しいSDカードをフォーマット(FAT32、アロケーションユニットサイズは32K)し、
    元のSDカード内の全ファイル・フォルダをコピーする。
  • 「Boot9Strap」インストール後に電源LEDが点いたり消えたりする
    故障ではなく、Luma3DSの「boot.firm」がSDカードのルートに無い時に起きます。
    再配置してください。
  • CFW導入はできたけど、「NTR CFW」が動作しない。
    最新のLuma 3DS v10.0 以降ではNTRをサポートしていません
    NTR CFW を使いたい場合には、Luma 3DS v9.1 に置き換えると動作すると思います。
    また、NTR自体の活用方法などは larksanのひまつぶしブログ が詳しいかな…と個人的主観ですがおすすめ。
  • Rosalina menuについてもっと知りたい。
    Rosalina menuに表示される各項目についてはこちら(英語)をご確認ください。
  • Luma3DS Updaterの使い方は?
    起動後、Aボタンを押すことで最新のバージョンに更新(SDカードと本体(CTRNAND)にダウンロードして抽出)できます。
  • 3DSのカセットをSDカードにインストールしたい(ダンプしてFBIを使うのは面倒)
    CartInstall guide (英語) を参照してください。
  • その他
  • 至急! 今すぐ回答が欲しい!
    Discordで聞きましょう。ログイン後、「#3ds-assistance-1」に参加します。
    なお、質問も回答も英語のみですが的確な回答が返ってきます。
  • サイトが分かりやすかった etc…
    3DS Hacks Guide(英語)をベースに意訳しただけですけどね。。。
    でも励みになります。ありがとうございます。
URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 29 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. 3DSも改造できない人

    うごめもで絵が表示されませんでしたどうすればよいでしょうか?

  2. HBLの画面上にctr-no-timeoffsetが見当たらないのですが、どうしたらいいでしょうか?

  3. v1.8.0のgodmode9.firm使えば起動できます。

    GodMode9 v1.8.0

  4. GOD MODE9が起動できません どうしたらいいですか おしえてください

    • hajiri0319@質問代理対応

      lumaの中のpayloadsにgodmode.firmのファイルはありますか?あるとしたら、startを押しながら電源を入れてください。

  5. コメント失礼いたします。
    Fredtoolのサイトが開けないのですがどうしたらよいでしょうか。

    • この記事で解説している手法は推奨していないようですね。
      ただ、代替URLが公開されていましたので、リンクを更新しました。

  6. 32個の英語と数字で成り立つファイルが二つ存在していたためフォーマットしてまた3dsに差し込み情報を入れてもらったはずなんですがNintendoDSiwareのファイルが存在しません。どうすればよいでしょうか。

  7. BannerBomb3 Toolが開けないのですが、これはサイトがダウンしているからなのでしょうか?

  8. ※※2020年6月12日追記※※
    このコメントと、コメント返信に関して、情報が古いため参考にしないでください。

    ※※2020年6月2日追記※※
    以下コメントは別記事として作成しました
    ————————————
    現在、Bruteforce Movableのサイトがダウンしています。
    多少の英語に自信がある方は、以下の方法でトライしてみてください。

    ①以下のサイトにアクセスする
    http://part1dumper.mechanicaldragon.xyz/

    自分のフレンドコードおよびSDカードのID0にあたるフォルダ名を入力する
    ※ID0は「Nintendo 3DS」フォルダ内にあるフォルダ名です

    ②Bot用フレンドコード(Please add bot~)が表示されたら、3DSのフレンドに追加する

    ③最終的に、movable_part1.sedが手に入るのでダウンロードする

    ④以下のDiscordチャンネルに参加する(要ログイン)
    https://discord.gg/C29hYvh

    ⑤『#mining-requests』の話題に入り、ダウンロードしたファイルをアップロードする

    ⑥あとは有志の人が「movable.sed」に変換してくれるので、ダウンロードする

    • ※※2020年6月2日追記※※
      以下コメントは別記事として作成しました
      ————————————
      もうひとつの方法として、以下のように自分で用意することもできます。
      英語はあまり必要ありませんが、それなりのスペックのあるPCで実行しないと、とても時間がかかります。

      ①~③は同じ

      RELEASE_v2.1.zip をダウンロードする

      ⑤解凍後、中の「seedminer」フォルダを開き、ダウンロードした『movable_part1.sed』ファイルを配置する

      ⑥同じフォルダにある、「seedmine.bat」を実行する

      ⑦「movable.sed」が生成される

      • 6番の実行とは具体的に何をすることでしょうか?初心者なので教えてほしいです。

      • ⑦ですが、「movable_part2.sed」というファイルが生成されますがこれでよいのでしょうか?

        • そのファイルは、batファイルを起動した際に、総当りでmovable.sedを生成する過程で作成されるもので、今回必要としているファイルとは異なります。
          batファイルではGPU(グラボ)を使用して総当り作業しているので、GPUが非力なPCの場合は、batファイルをメモ帳等で開き、

          seedminer_launcher gpu -3

          seedminer_launcher cpu -3

          にしてみてください。

          私の環境ではGeForce GTX 1070で5分前後かかっています。
          どうしてもできない場合はDiscordでアップロードしたほうが早いと思います。

    • 3DSにCFWを導入する [Seedminer + unSAFE_MODE] (バージョン:11.12.0~11.13.0向け)の「4.仕上げをする」まできたのですが、この段階で
      フォルダ名boot9strapとboot.3dsとboot.ndsが入っていませんでした。
      多分これのせいでダウンロードプレイからHomebrew_Launcherを起動することができないのだと思うのですが、解決方法はありますか?

  9. Bruteforce Movableを開こうとすると以下のように表示され、リンクが開けないです。
    このページは動作していませんbruteforcemovable.com では現在このリクエストを処理できません。
    HTTP ERROR 500

    • 本日からサイト自体が落ちているようですね。
      現時点では上記の私のコメントにように、半手動でmovable.sedを作ってもらうか、
      全て自分で生成するしかありません。

  10. 何故かhaxxxx!!と出てこない…
    毎回binファイルの容量が0bになる…
    他の3dsでは出来たんですが..”

  11. CFW導入は問題なく出来たのですが、ロザリナ起動しチートONにするとたまに画面が止まってフリーズしてしまいます…。チート2つくらいでもオフラインでもフリーズします。
    OLDの3DSです。原因が全くわかりません、解決法を教えてくれるとありがたいです!

  12. 写真付きですごくわかり易い記事だったので、問題なく導入出来ました。
    ありがとうございました。

  13. もう一回エラー起こして、電源ボタン長押しで切って。

  14. 紫の画面が出てエラーが起きたんですが、4238みたいなファイルが出ません。どうしたらいいですか?

    • SDカードにgm9のフォルダをコピーする際に
      エラー 0x8007045D:I/O
      となりsupportのフォルダのみコピー出来ません。
      どうすれば良いでしょうか?

  15. I will not tell you the name

    Very good description.
    Easy to understand.

  16. 僕は2回ともCFWインストールに成功しました
    きちんとよく、記事をよく読んでください
    必ず、成功します。
    コマンドなどをミスらないようにしましょう。
    この記事のおかげでCFW とFBI導入することに成功しました
    また、PKSMもインストールすることができました

  17. select + 電源ボタンを押してもLumaの設定画面が起動しません。解決方法はありますか?
    下に書いてあった通りにreleaseは6.0.0 Lumaは10.0.1を使用しています。

できねえ!! への返信 コメントをキャンセル

*
*
* (公開されません)

Return Top